陽子線治療(永守記念最先端がん治療研究センター)
陽子線治療(永守記念最先端がん治療研究センター)

外来受付中
2019年4月保険診療・先進医療開始

陽子線治療について

陽子線治療の適応疾患と当院で治療提供可能な疾患

(保険診療)

疾患名をクリックしていただくと、概要をご覧いただけます。

diseases_hoken頭頸部悪性腫瘍前立腺腫瘍骨軟部腫瘍小児腫瘍      
 
適応疾患※ 適応の詳細 当院での治療提供状況
提供状況 治療回数(回) 治療期間(週)
頭頸部悪性腫瘍 鼻副鼻腔扁平上皮癌・頭頸部悪性黒色腫・嗅神経芽細胞腫・腺様嚢胞癌・唾液腺腫瘍・頭頸部非扁平上皮癌(口腔、咽頭、喉頭の扁平上皮癌を除く)
5~37
2~8
転移(リンパ節や骨などの他臓器)がない前立腺癌
限局性及び局所進行性の病態に限る
20~21
4~5
骨軟部腫瘍 脊索腫・軟骨肉腫・骨肉腫・その他の稀な骨軟部肉腫
(手術による根治的な治療法が困難である限局性の骨軟部腫瘍に限る)
16~56
4~8
小児腫瘍 固形悪性腫瘍に限る
※適応疾患の詳細は、表中の適応疾患名からご覧ください。

(先進医療)

疾患名をクリックしていただくと、概要をご覧いただけます。

disease_senshin 脳脊髄腫瘍 頭頚部腫瘍 消化管腫瘍 肺・縦隔腫瘍 肝・胆道腫瘍 膵腫瘍 泌尿器腫瘍 婦人科腫瘍 転移性腫瘍
 
適応疾患 適応の詳細 当院での治療提供状況
提供状況 治療回数(回) 治療期間(週)
脳脊髄腫瘍 神経膠腫・神経膠芽腫・胚細胞腫瘍・髄膜腫・下垂体腫瘍・頭蓋咽頭腫・非定型奇形腫様/ラブドイド腫瘍・髄芽腫・上衣腫・原始神経外胚葉腫瘍・その他の稀な脳腫瘍
13~33
3~7
頭頸部腫瘍
頭頸部扁平上皮癌
30~37
6~8
消化管腫瘍 局所進行食道癌 × ×
×
局所再発性直腸癌 18~35 4~7
肺・縦隔腫瘍 限局性肺癌(転移および隣接臓器浸潤のない肺癌) 10~25 2~5
局所進行非小細胞肺癌(リンパ節転移あるいは隣接臓器浸潤のある非小細胞肺癌) 30~37 6~8
縦隔腫瘍 15~35 3~7
肝・胆道腫瘍 肝細胞癌(転移のない肝細胞癌) 10~38 2~8
肝内胆管癌・胆管癌(胆のう癌は除く) 20~38 4~8
膵腫瘍 局所進行膵癌(遠隔転移のない膵臓癌) 20~33 4~7
泌尿器腫瘍
膀胱癌
× × ×
腎癌 10~35 2~7
精巣腫瘍 10~20 2~4
婦人科腫瘍 局所進行子宮頸癌・局所進行子宮体癌 × × ×
転移性腫瘍 転移性肝腫瘍(3個以内)・転移性肺腫瘍(3個以内)(いずれも他部位に病変がない状態であること) 8~22 2~5
転移性リンパ節(限局性)
(他部位に病変がない状態であること)
8~35 2~7

陽子線治療とは

一般的な放射線治療では、エックス線やガンマ線などの光子線と呼ばれる電磁波を用いて治療が行われますが、陽子線治療では、放射線の一種である陽子線という粒子線(高エネルギー原子核の流れ)を用いて治療が行われます。水素原子から原子核である陽子を取り出し、加速した陽子の束(陽子線)を病変に当てることで治療します。

陽子線治療とは

陽子線治療の特徴

一般的な放射線治療で用いられているX線では、深部方向の放射線の広がりを制御することはできません。このため、X線治療では、体を貫通するX線の通過経路全長にわたり、体に放射線が当たることになります。一方、陽子線では、一定の深さで粒子が止まり、止まった先には放射線が広がらないという性質(ブラッグピークという物理学的特徴)があるため、深部方向の放射線の広がりを制御することが可能です。このため、陽子線治療では病変の奥にある正常組織への放射線の影響を最小限に抑えることができます。このように、陽子線治療は、放射線を病変部に集中して体に優しい治療を提供できる可能性があります

陽子線治療の特徴

pagetop