診療部・中央部門等のご紹介
診療部・中央部門等のご紹介

放射線科

外来担当医師出番表はこちら放射線科ホームページはこちら

放射線科の紹介

放射線診療は、放射線治療、Interventional Radiology、診断の3部門から構成されています。
  1. 放射線治療
    当院の放射線治療は悪性腫瘍を中心にあらゆる疾患に対して年間500-600例の治療を行っています。外部照射治療機としてリニアック装置を2台、小線源治療機として低線量率(前立腺癌に対するシード治療)・高線量率(子宮癌・頭頚部癌など)と2種類の治療装置を備えています。また内用療法(甲状腺癌)も行うことができます。
    外部照射では通常照射に加え体幹部定位照射やトモセラピーを用いたIMRT(強度変調放射線治療)を行うと共に、関連施設にはサイバーナイフも備えており、必要時に連携しつつ患者さんに有効性が高いと思われる治療の提供を行っています。
    高線量率小線源治療では全例に対してCTやMRI画像を使用した画像誘導小線源治療を採用し、手法においても一般的な腔内照射のみならず、他科と連携しながらモールド照射や組織内照射にも積極的に取り組んでおり、巨大な子宮癌や術後の骨盤内再発癌、頭頚部癌や皮膚癌など様々な疾患に対して治療を行っています。
    また2019年度より永守がんセンター内にて陽子線治療が開業しました。京都初の粒子線治療施設となります。府内のみならず京都府近隣の患者さん方にもこの陽子線治療を有効活用していただければと思います。
  2. Interventional Radiology (画像下治療)
    年間IVR検査数は血管系が約600-700件、非血管系が約170-200件であり、一般的な画像化治療について広く行っています。
    血管系IVRとしては、肝癌をはじめとした悪性腫瘍に対する塞栓術を多く行っております。肝癌の場合、肝臓内科と定期的にカンファレンスを行い、塞栓術だけでなく経皮的エタノール注入やラジオ波焼灼療法、リザーバー動注療法を併用し総合的に治療を行なっています。また、内臓動脈瘤に対する塞栓術や、血管腫・血管奇形に対する硬化療法や塞栓術も広く行なっています。外傷や術後、産科的出血など、緊急止血の血管塞栓術にもIVR専門医が常時対応しています。門脈系IVRも行っており、胃静脈瘤に対するバルーンを用いた静脈瘤塞栓術、門脈圧亢進症に対する経肝的静脈瘤塞栓術などを行っています。近年高い治療効果が注目されている耳鼻科及び泌尿器科領域の動注療法等も行っています。
    他にも、大動脈ステント留置後のエンドリーク塞栓や透析用バスキュラーアクセスに対する経皮的血管形成術や原発性アルドステロン症の検査である副腎静脈サンプリングにも力を注いでいます。
    非血管系IVRでは、種々の腫瘍に対するCTガイド下生検を積極的に行っています。CT透視を用いることで、肺生検では1cm程度の小さな病変や、アプローチの難しい椎体腫瘍や大血管周りの腫瘍なども穿刺可能です。また、腎癌に対する凍結療法も特徴であり、泌尿器科と協力して、難易度の高い症例にも積極的に行っております。
  3. 画像診断
    X線CTとMRIを用いた断層画像診断は今日の放射線診療の中心であり、全身のあらゆる部位の器質的疾患(腫瘍、炎症、外傷、血管性病変など)の診断が可能です。最近は臓器の形態のみならず機能の測定も可能になってきています。撮影方法や造影方法の工夫により短時間で侵襲の少なく、かつ診断価値の高い画像が得られています。
    当科では、X線CT3台、3T MRI1台、1.5T MRI2台の装置を用いて画像検査を迅速に行い、治療方針決定に寄与する診断レポートを作成しています。 核医学検査は、放射性医薬品を体内に投与し、その分布状態から生体組織の代謝や機能の評価を行う検査です。生体において非侵襲的にそれらを測定できることが大きな特徴であり、当科では1台のPET/CT装置、2台のSPECT/CT装置を用いて、腫瘍や心臓、脳、内分泌、腎、肺、消化器など多岐にわたる領域の検査を実施しています。また、甲状腺癌などに対してアイソトープ治療も行っています。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
部長(教授) 山田 惠  画像診断(中枢神経・頭頚部) / 放射線診断専門医 
副部長(特任教授) 山崎 秀哉 放射線治療 / 放射線治療専門医・放射線腫瘍学会認定医
診療科長(講師) 赤澤 健太郎 画像診断 / 放射線診断専門医
特任教授 玉木 長良 核医学・画像診断 / 放射線診断専門医・核医学専門医・PET認定医
准教授 鈴木 弦 放射線治療 / 放射線治療専門医
講 師 廣田 達哉 IVR治療・画像診断 / 放射線診断専門医・IVR専門医
講 師 松島 成典 核医学・画像診断 / 放射線診断専門医・核医学専門医・PET認定医
講 師 後藤 眞理子 画像診断(乳腺・体幹部)/ 放射線診断専門医・乳腺専門医
医 員 高畑 暁子 画像診断(骨盤・体幹部)/ 放射線診断専門医
医 員 三浦 寛司 IVR治療・画像診断 / 放射線診断専門医・IVR専門医
医 員 田添 潤 画像診断 / 放射線診断専門医
医 員 西村 元喜 核医学・画像診断 / 放射線診断専門医・核医学専門医・PET認定医
医 員 浅井 俊輔 IVR治療・画像診断 / 放射線診断専門医・IVR専門医
医 員 小谷 知也 画像診断/放射線診断専門医・核医学専門医・PET認定医
医 員 喜馬 真希 画像診断/放射線診断専門医・核医学専門医
医 員 相部 則博 放射線治療 / 放射線治療専門医
医 員 増井 浩二 放射線治療 / 放射線治療専門医
医 員 木元 拓也 放射線治療 / 放射線治療専門医
医 員 清水 大介 放射線治療 / 放射線科専門医
医 員 馬場 千紗 画像診断/放射線診断専門医・核医学専門医
医 員 長澤 慎介 放射線治療
医 員 武中 正 放射線治療 / 診療放射線技師・医学物理士
医 員 尾方 俊至 放射線治療 / 診療放射線技師・医学物理士
医 員 梶川 智博 放射線治療/診療放射線技師・医学物理士
医 員 玉利 勇樹 放射線腫瘍学・放射線生物学/診療放射線技師
医 員 松下 慶一郎 放射線治療

pagetop