診療部・中央部門等のご紹介
診療部・中央部門等のご紹介

化学療法部

部門の紹介

がんの治療には手術療法・放射線療法・抗がん剤を用いる化学療法などがあります。化学療法部では、主に外来化学療法センターの運営を行っており、点滴中の患者さまの状態、投与される薬剤の量や内容の管理をおこなっております。外来化学療法センターは、平成16年10月19日に開設され、現在22床で患者さまの治療を行っています。各診療科における化学療法(抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤など)や特殊な管理を必要とする点滴がより安全に行えるよう、がん治療のエキスパートによる徹底した管理を行い、専用のリクライニングシートやベッドで快適に過ごしていただけるように配慮しております。

主な業務内容

点滴前後および点滴中の患者さまの状態の確認や、投与する薬剤(抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤、免疫チェックポイント阻害剤など)の量や内容を医師、薬剤師、看護師で、複数回確認をしています。また、薬剤による副作用を早期に発見し、早期に対処するよう努め、より高度で専門的な治療を、患者さまに安心して受けて頂けるよう努めています。 具体的には、副作用チェックシートを使い、副作用症状をチェックするために毎回センターに来られた際にシートに記入をお願いしています。その情報を電子カルテに載せることで主治医がいつでも副作用を詳しく確認することができます。
また、専任看護師が、患者様が治療に伴う副作用をうまくコントロールできるよう、また患者さまの心配事や疑問に応えられるよう、全力でサポートします。

特色・主な取組

外来化学療法センターは、外来で来られるがん患者さまの化学療法(抗がん剤やホルモン剤などを使った治療)や特殊な管理を必要とする点滴が、より安全に行えるよう、専任の医師、看護師、薬剤師のほか、抗がん剤治療を専門とする医師など様々なスタッフにより運営されています。また、入院治療を行っていた関係する診療科の主治医とも密接に連携を取りながら、診療しております。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 所 属
部 長(兼) 田口 哲也 内分泌・乳腺外科診療部長
副部長(兼) 石川 剛 消化器内科講師
医 員(兼) 森本 吉恵 呼吸器内科医員

pagetop