陽子線治療(永守記念最先端がん治療研究センター)
陽子線治療(永守記念最先端がん治療研究センター)

外来受付中
2019年4月保険診療・先進医療開始

受診希望の方へ

受診希望の方へ(成人)

はじめに

粒子線治療の一つである陽子線治療は低侵襲な優れた治療として注目されています。

  • 治療を受けているときに痛みがない
  • 臓器の機能を損ないにくい
  • 容姿や容貌を損ないにくい
  • 高齢者にもやさしく、安全に治療ができる
  • 早期の社会復帰が期待できる

受診までの流れ(成人)

当院の受診は、原則、紹介状(診療情報提供書)等を持参していただくことにしています。受診を希望される場合は、まず主治医の先生とよくご相談のうえ陽子線治療を受けることが妥当かご検討ください。

陽子線治療を受けることが決まれば、主治医の先生を通じて京都府立医科大学附属病院への受診予約申込をお願いいたします。後日(2~3日後)、主治医の先生宛に受診日時等の連絡を送ります。


当院では、陽子線治療の適応を決めるに当たって、患者さんとの面談による対話が非常に重要であると考えております。このため、適応の相談や判定においては、必要な診療情報※(紹介状、血液検査データ、病理検査データ、画像検査データ、既治療情報など)を提供いただくとともに、患者さんご自身に受診していただきたいと考えております。
※受診時に必要な診療情報資料は、受診当日患者さんご自身でご持参いただきますようお願いいたします。

保険診療や先進医療の枠組みにおいては、陽子線治療を全ての疾患や病態の患者さんに提供することはできません。適応となりやすい疾病や病態に関しては、詳細は、「主治医の先生へ」をご参照ください。

治療費のご案内

○保険診療で治療の場合
  • 公的医療保険の対象となりますので、一部負担金(1割~3割)を受診の都度お支払いください。
  • 自己負担金については、高額療養費の利用が可能です。

※高額療養費についてのお問い合わせは、ご加入の健康保険窓口にお尋ねください。

○先進医療で治療の場合

陽子線治療料(照射技術料) 約300万円

  • 陽子線治療に係る費用は、保険適応外のため全額自己負担です。
  • 費用は照射回数にかかわらず、一つの治療部位につき約300万円です。
  • 治療を受けることが決まりましたら、請求書と振込依頼書をお渡ししますので、1回目照射前まで(10日以内)に一括でお支払いください。
  • 診察、検査、投薬などの費用は公的保険が適用されますので、受診の都度お支払いください。
先進医療 保険診療(診察、検査、投薬など)
陽子線の技術料 自己負担 保険給付
動体追跡照射※
左記以外の場合
313.5万円 295万円 1割~3割 7割~9割

※肺・縦隔腫瘍、肝胆膵腫瘍、転移性腫瘍の一部には、動体追跡照射が必要になります。

 〇府助成金制度お問い合わせ先 京都府文化スポーツ部 大学政策課 電話 075-414-4526

 

連携宿泊施設のご案内

○遠方からお越しの患者さん向け宿泊施設のご案内

永守記念最先端がん治療研究センターは、成人患者の方は原則として通院治療となります。
遠方からお越しの患者さんで通院が困難であれば、周辺の宿泊施設等をご利用ください。
下記宿泊施設が、患者さん向け特別プラン(特別割引)をご提供いただいております。詳しくは、宿泊施設までお問い合わせください。お問い合わせの際には、京都府立医科大学附属病院で陽子線治療を受ける患者あるいはその家族であることをお伝えください。

・KKR京都くに荘(国家公務員共済組合連合会 京都宿泊所)

 住所 : 〒602-0858 京都府京都市上京区河原町通荒神口上る東入東桜町 27-3
 電話 : 075-222-0092

 → KKR京都くに荘公式ホームページはこちら

 アクセス :

 

  ○電車 ~京都駅より無料送迎(毎日16:30発 要予約)あり~
      京都駅から府立医大病院前バス停まで市バスで約25分
      タクシーで約18分
      ※阪急 京都河原町駅、京阪 三条駅からも電車orバスで20分弱。
       京阪 神宮丸太町駅からは徒歩で約10分。

  ○車  ~宿泊者無料駐車場20台~
      京都東ICより約30分/京都南ICより約50分

※永守記念最先端がん治療研究センターは、KKR京都くに荘から徒歩約5分。

受診希望の方へ(小児)

詳細は「小児がん治療」をご参照ください。

pagetop