診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

リハビリテーション科

外来担当医師出番表はこちらリハビリテーション科ホームページはこちら

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーションは様々な疾患や外傷の重要な治療法のひとつです。主な疾患として運動器疾患、神経筋疾患、脳疾患、循環器疾患、呼吸器疾患などがあげられます。
手術後や、病気の発症後に、日常生活へ早く戻れるよう早期からリハビリテーションを行う必要があります。当科では、幅広い領域のリハビリテーションに精通する専門医が、附属病院のリハビリテーション部と連携して診療を行っています。
また専用病床を5床持ち、最先端のリハビリテーションを提供しています。

診療内容

たとえば、脳卒中では片側の手足が麻痺したり、言葉の理解や表現が困難になったりします。言葉をうまく使えなくなることもあります。また、のどの動きが障害されることもあり、その場合、飲み込んだり食べたりがうまくいかなくなります。リハビリテーションの訓練では、日常動作や会話や食事ができるように、練習します。訓練を受ける患者さんにマンツーマンで指導をするのは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門職です。当科の医師は、訓練に先立って、患者さんの状態を正しく評価し、何を目標に、どのような訓練を行うのかそれぞれの専門職に対する指示を行います。
他の疾患でも同様に、当科の医師が診察を行って障害の状態を確認します。ご本人の希望やご家族の状況、家屋などの環境も考慮しながら目標を立てます。目標を達成するためにどのような訓練を行うのかプログラムを作成し、訓練の内容を専門職に指示します。プログラム通りに進んでいるか確認し、はかどらない時には状態を再評価して病状に合わせて訓練の内容を変更します。
また必要に応じて筋肉の緊張をやわらげる作用のある薬などの処方も行います。麻痺のある足を固定して歩きやすくする下肢装具などの装具の処方も行います。

特色・主な取組

リハビリテーション科専門医が中心となり、診療を行っています。
また、基礎的・臨床的研究にも積極的に取り組んでいます。リハビリテーション部の機能評価室に最新の3次元動作解析装置を導入し、床反力計による歩行分析や動作解析などを行える体制を整えています。これらの研究を通してリハビリテーション医学の発展に貢献するとともに、実際の臨床の場にフィードバックしていくことを目標としております。
さらに、ロボットリハビリテーションを始めとする最新の機器を用いたリハビリテーションの開発にも取り組んでいます。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
部 長 三上 靖夫 リハビリテーション科専門医・指導医、リハビリテーション医学教室病院教授
科 長 大橋 鈴世 リハビリテーション科専門医
主 任 沢田 光思郎
リハビリテーション科専門医・指導医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
義肢装具等適合判定医師
医 員 伊藤 倫之
リハビリテーション科専門医、日本障がい者スポーツ協会公認 障がい者スポーツ医
義肢装具等適合判定医師、日本抗加齢医学会認定専門医
医 員 前田 博士
リハビリテーション科専門医・指導医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
義肢装具等適合判定医師
医 員 相良 亜木子
リハビリテーション科専門医・指導医、心臓リハビリテーション指導士
義肢装具等適合判定医師
医 員 池田 巧 リハビリテーション科専門医・指導医、リハビリテーション医学併任准教授
理学療法士 伊藤 慎英 専門理学療法士(基礎理学療法)
理学療法士 井元 大介  

pagetop