診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

中央手術部・局所麻酔手術センター

部門の紹介

中央手術部はおもに全身麻酔手術を行う施設です。手術室は12室あり、24時間体制で年間約 5,000 件の手術を行っています。
局所麻酔手術センターはおもに局所麻酔手術を行う施設です。手術室は2室あり、年間約 2,500 件の手術を行っています。外来患者さんが日帰りするケースもあれば、手術後に入院するケースもあります。また、入院中の患者さんを手術するケースがあります。

主な業務内容

中央手術部及び局所麻酔手術センターいずれの施設も高度で専門的な手術が安全に行える環境を患者さん、各診療科に提供することを使命としています。各診療科医師、麻酔科医師、看護師(手術看護認定看護師等)、看護助手、薬剤師、臨床工学技師、放射線科技師、病院管理課職員、洗浄・滅菌担当、手術室運用管理担当、清掃担当らが協力しあって、患者さんおよび手術内容の確認、手術器械・材料の管理と準備、安全で最先端の手術室環境整備などを行っています。

特色・主な取組

■ハイブリッド手術室
手術台とX線撮影装置を組み合わせたハイブリッド手術を運用しています。ハイブリッド手術室では、患者さんが手術台に載ったままでX線撮影、超音波撮影等を行い、その場で高画質な3次元画像を映し出し、それを観察しながら心臓・血管手術、ステントグラフト、カテーテル治療を統合して行うことができ、安全かつ精度の高い治療を提供することを可能にします。
■ロボット支援手術(da Vinci Surgical system Si)
泌尿器科、消化器外科、婦人科では da Vinci を用いたロボット支援手術を導入しています。2次元画像、鉗子動作の制限といった鏡視下手術の短所を克服したのが da Vinci によるロボット支援手術です。高画質3次元画像、より稼働域の広い鉗子操作、ブレの少ない視野と操作で従来の鏡視下手術よりも安全、緻密、確実な操作で手術を行うことができるのが利点です。
■低侵襲手術
多くの診療科で腹腔鏡、胸腔鏡、関節鏡などを利用した低侵襲手術(鏡視下手術)を積極的に取り入れています。
■移植手術
移植、肝移植、角膜移植、骨髄移植などの移植医療が通常の治療として行われています。
■再生医療
患者さん自身の骨髄幹細胞を用いて新しく毛細血管を作り出す再生医療を安心・安全な環境で行っています。
■小児疾患の手術
小児心臓血管外科、小児外科では小児先天性心疾患、小児先天奇形などの通常では治療困難な症例の手術を多く行っています。

スタッフ紹介

中央手術部
職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
中央手術部部長 佐和 貞治 麻酔科 教授
副部長 岡本 和真 消化器外科 准教授
看護師長 宇山 珠美  
局所麻酔手術センター
職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
センター長      吉村 了勇   病院長、移植・一般外科 教授
副センター長 岡本 和真 消化器外科 准教授
看護師長 宇山 珠美  

pagetop