看護部長ごあいさつ

副病院長兼看護部長
小城 智圭子

京都府立医科大学附属病院の看 護部では、安全かつ良質な医療・ 看護の提供等を方針に掲げ、約 800 名の看護部職員が専門職業人として責任ある看護を実践し、京都 府民の健康を守るために尽力しています。
特定機能病院として高度先 進医療を追求する本院では、看護 師にも高い専門性が求められます。 高度な看護実践力はもちろん、豊かな人間性と感受性も欠かせません。
患者さんやご家族の痛みや苦しみを理解し、患者さんに質の高いケアを提供しています。

そうした高い技術と豊かな 人格を備えた看護師を育成するため、教育制度を充実させ、新人看護師の成長を支援するため職場全体で看護師を育てる風土が根付いています。
地域に根差し、地域の方々に愛される病院として、実践を重視しながらも大学 病院としての役割も果たすのが本院の特徴です。
また、チーム医療を推進し、その中で様々な医療スタッフをつなぐ役割を果たしていく看護師も多く存在しています。
あなたの看護師としての夢を私たちと一緒に実現しましょう。
PAGE TOP