京都府立医科大学附属病院看護部

075-251-5111(代表)

  • アクセス
  • 病院見学

京都府立医科大学附属病院看護部

  • 看護部LINE
  • 病院見学
  • 電話:075-251-5111(代表)

特定行為研修修了看護師


特定行為研修修了看護師とは

特定行為研修修了看護師(以下特定看護師)とは、必要時看護師等と連携し医師があらかじめ作成した「手順書」と呼ばれる包括指示のもと、今まで医師が行っていた診療の補助(特定行為)を行うことのできる看護師のことです。今まで培った看護的視点に、医師の医学的視点が組み合わさることで、患者さんを全人的に捉えることができ、適切な処置をタイムリーに提供することで、患者さんの早期回復に貢献できます。現在は、指導医師と一つずつ症例を振り返り医学的視点を強化し、特定行為が安全に実施できるよう研鑽しています。医学・看護両方の視点を武器に、患者さんやご家族が少しでも安心して治療を受けられるよう、取り組んでいきたいと考えます。
本院の特定行為研修修了看護師達は「水色の名札ケース」をつけています。

杉 美紀

2019年修了

看護師として研鑽し、 より質の高い看護を提供していく

救急・集中ケアモデル 5区分14行為

竹中 千恵

2021年修了

研鑽を積み、患者さんの 安心につながる看護を提供していく

外科術後病棟管理領域 13区分19行為

冨田 陽子

2021年修了

医学的視点や観察する力など、学んだことを 最大限患者さんへの看護に活かしたい

栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連・精神及び神経症状に係る薬剤投与関連 2区分5行為

久保川 純子

2021年修了

信頼される専門職として、 根拠に基づいた看護をタイムリーに提供します

栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 1区分2行為

山内 薫

2022年修了

麻酔科医とともに、 安心・安全な手術環境を提供していきます

術中麻酔管理領域 6区分14行為