京都府立医科大学附属病院看護部

075-251-5111(代表)

  • アクセス
  • 病院見学

京都府立医科大学附属病院看護部

  • 看護部LINE
  • 病院見学
  • 電話:075-251-5111(代表)

C5号病舎

部署紹介

C5号病舎

「患者さんの持てる力を引きだし、寄り添う看護を心がけています」

C5号病舎は、整形外科、腎臓内科、移植外科、救急医療部、泌尿器科の混合病棟です。整形外科は手術とリハビリ療法にて運動機能の回復を目指しています。生体腎移植や脳死腎移植・膵腎同時移植後の全身状態回復にむけた援助、慢性腎臓病の教育入院や透析導入の自己管理について患者指導を行なっています。また、救急医療科では様々な疾患の患者さんが入院されるため、個別性を考慮したケアを行っています。
患者さんが入院されたその日から、退院後の生活を見据え、多職種と連携を図り支援しています。日々の看護の中では、患者さんの持てる力を引きだし、リハビリや自己管理に取り組めるよう心がけています。患者さん、ご家族の方に寄り添い、退院後に困らず安心して生活して頂けることを目標としています。