京都府立医科大学附属病院看護部

075-251-5111(代表)

  • アクセス
  • 病院見学

京都府立医科大学附属病院看護部

  • 看護部LINE
  • 病院見学
  • 電話:075-251-5111(代表)

先輩看護師紹介


Introduction

循環器・呼吸器内科病棟所属

坂下理子

平成30年採用

看護師同士の支え合いのもと 高度な技術経験を養えます

入職以来、循環器・呼吸器内科病棟で働いています。重症度の高い患者さんも多い病棟での看護は、特に新人の頃には難しく大変だと思うことも決して少なくなかったですが、看護師同士の支え合う姿勢があってこそ今の私もある、と先輩方にはとても感謝しています。プリセプターを務めてくれた先輩からはよく「ほうれんそう」の大切さを言われました。「患者さんが何かあってからでは遅い、ささいなことで叱られるかもと思わなくていいから、どんなことでも報告し相談しなさい」と念を押されたのです。この前提があるからこそ私は何でも話し、ひとつひとつを解決できてきました。私自身も後輩に対して話やすい雰囲気作りを大切にしたいと考えています。また京都府立医科大学附属病院では、最先端の治療が実践されています。多くの専門看護師・認定看護師も活躍しており、高度な知識や経験を身につけられる機会が多いのも、看護師にとって大きな魅力といえるでしょう。

整形外科・移植外科
救急医療科 腎臓内科病棟所属

久保亘

平成30年採用

性別によるハードルはなし 一人のプロとして患者さんのために

生物科目が好きで人体や生命の不思議に関心があり、また母が看護師だったことから、自然とこの道を選びました。女性が多い職場というのは私にとってはハードルにはならず、素直にやりたいと思った仕事が看護師だったのです。そして、その素直な思いに間違いはありませんでした。実際、京都府立医大学附属病院では男性の看護師長もいますし、今の病棟では男性看護師の先輩方が活躍しています。このように職場環境に男女による差は感じませんが、よく男性の患者さんからは「同性だから話しやすい」と言っていただきます。また高齢の女性の患者さんから若い頃の写真を見せていただいたことも。病棟に男性看護師がいることは患者さんの精神面でプラスに働くことも多いように思います。看護師はそれだけ患者さんに近い存在。だからこそ、その心身の少しの変化にも気づき、早期の治療や対処を実現させる看護師であり続けたいというのが、私の目指す看護師像です。

中央手術部所属

松永美奈子

平成16年採用

多くの先輩ママナースとともに 3人の子育てと仕事を両立中

今、9歳、4歳、2歳の子育て中です。それぞれについて産前産後休暇と2人目までは1年、3人目では2年の育児休暇を取得しました。所属している中央手術部は看護師が育つまでに時間がかかります。それだけに先を見据えた丁寧な教育をしていただき、「育ててもらった」感謝を、手術に臨むお一人お一人の患者さんに精一杯還元したいと思い続けてきましたので、復帰に迷いはありませんでした。幸い府立医大にはママナースが多く、出産前からいろいろ相談に乗ってもらうなど分かり合える仲間がいるのは何より心強いことです。また病院主宰で、希望者の参加できる先輩ママナースとの交流会、看護技術や臨床の研修プログラム等が組まれ、段階的に復帰準備を整えることができます。子どもはあっという間に大きくなり、両立が本当に大変な時期はいつまでも続くわけではありません。ぜひ長い目でキャリアプランを立て、病院や仲間のサポートのもと、出産・育児経験を命の現場で生かしていただきたいと願っています。