専門看護師・認定看護師以外のスペシャリストナース

本院には、専門看護師や認定看護師以外にも、特定の分野において質の高い知識や技術を習得し、活躍
しているスペシャリストナースがいます。
 
【リンパ浮腫(リンパ浮腫保険診療士 1名)(リンパ浮腫複合的治療技術者 1名)】
リンパ浮腫保険診療士、リンパ浮腫複合的治療技術者とは?
・リンパ浮腫ケアの対象は、リンパ浮腫を発症された患者はもちろん、今後リンパ浮腫を発症される可能
 性がある患者も広く含まれます。発症リスクのある患者には入院中や外来で予防指導を提供します。発
 症された患者には、主に外来で専門的な知識・技術を生かし複合的治療(弾性着衣又は弾性包帯による
 圧迫・圧迫下の運動・用手的リンパドレナージ・セルフケア指導)を提供します。
 

 

土岐 貴子(2008年取得)【看護する上で大切にしていること】

 一人一人の気持ちに寄り添い、セルフケアが継続できるようにサポートする
リンパ浮腫は、がんを克服してもボディイメージの変化やQOLを悪化させ、いつまでも治療とケアが必要なとても悩ましい疾患です。リンパ浮腫外来では、圧迫療法を中心とした複合的治療はもちろん、患者自身が日常生活の注意点を理解し、セルフケアを継続できるように指導しています。リンパ浮腫もがん治療も患者の悩みや不安は大きく、一人一人の気持ちに寄り添いながらサポートするように心掛けています。  
 

 

長谷川 真奈美(2019年取得)【看護する上で大切にしていること】

 安心感を提供できる丁寧な看護
現在外科病棟で勤務しながら、リンパ浮腫外来にも関わらせて頂いています。リンパ浮腫はボディーイメージの変化や衣類などの変更、動作の困難さ、精神心理的な苦痛、日常生活動作(ADL)・生活の質(QOL)に直結する切実な症状です。
外来では圧迫療法とセルフケア指導を中心に不安や苦痛の緩和、患者さんご自身が生活を組み立てていけるような支援を心掛けています。
  
 
  
 
【感染制御実践看護師】2
感染制御実践看護師とは?
・あらゆる感染症から患者様および病院に従事する全ての職員、訪問者を守るために医療従事者が臨床現
 場において、感染防止に繋がる技術や感染制御策の知識を得ることができるよう、実践・指導・相談をす
 る役割を担っています。
・感染管理システムの構築・病院内の環境整備・感染防止技術・職業感染防止・感染管理教育について、院内
 のあらゆる部門に関わる職員に指導や相談を行い院内感染制御に努めています。

松尾 友子(2018年取得)

【看護する上で大切にしていること】
 人に優しい感染対策を!
感染対策部師長として、組織横断的な活動を実行に移すために、皆様のお力を借りしています。感染対策は一人では出来ません、でも一人でも実行しないと感染症に苦しむ患者さんや家族、職員を増やしてしまうことに心が痛みます。苦しむひとが増えないように、現実を見つめながら人に優しい感染対策を現場の看護師やコメディカルと一緒に考えて、実践して行きたいと考えています。

 坂根 朱美(2017年取得)

【看護する上で大切にしていること】
 患者さん・ご家族、また現場スタッフの声に耳を傾け、相手の立場に立って考え行動すること
 現在、専従で院内全体の感染制御に関わるお仕事をさせて頂いています。患者様に安全で快適な療養生活を送って頂くことを第一に考え感染制御に努めています。また、感染に対するリスクを最小限に抑えるため専門的な立場から知識やエビデンスに基づいたケアが実践できるよう、医療者や現場の感染リンクナースと相談し現場に沿った現実的な感染制御策を共に考え実践しています。
 
 
 
【HCTC(造血細胞移植コーディネーター)】1
造血細胞移植コーディネーターとは?
・血液領域の造血細胞移植が行われる過程で、移植を選択する・しないを決断する患者の支援を行い、
更に移植に必要なドナーを血縁(ご家族)・非血縁(骨髄バンク、さい帯血バンク)から探す役割です。
他施設での移植者のためのドナー採取もお引き受けするため、患者・ドナー・医療者・院内外各機関と
連絡調整役を担っています。

兼子 照美(2015年活動開始 2018年学会認定取得)

【看護する上で大切にしていること】
 「この人にお任せしたら安心」を目指した丁寧な対応
移植という厳しい治療の中で患者や家族、血縁ドナーにはリスク・ベネフィット・経済的負担の正しい情報提供が大切であるため、何度も説明をさせて頂き、相談をお受けします。また医療者や連携各所からのご依頼も多いことからいつでも気持ちよく対応し、円滑・丁寧に調整する事を心掛けています。
PAGE TOP