放射線科・救急医療部

2017年03月21日

放射線科・救急医療部

 
 放射線科は外来診療棟1階と地階の広いエリアでがん患者さんの放射線治療や、腹部・頭部・心臓の血管造影、CT・MRI・PETCT・RI・透視検査・一般撮影など病院全体の治療と検査、画像診断を一手に引き受けています。医師・放射線技師・看護師・受付クラークが協働して、患者さんの検査や治療がスムーズにできるように日々取り組んでいます。2019年には陽子線治療も開設予定です。
 
 
 救急医療部は24時間365日「断らない救急」「患者さんに優しい救急」を目指して、1次から3次まで様々な救急患者さんを受け入れています。また、京都府下で唯一全診療科当直体制をとっているのが大きな特徴です。赤ちゃんからお年寄りまで年間20.000人の救急診療を提供しています。複数の専門診療科や医療機関と連携しながら、地域の救急医療に貢献しています。
 
 
PAGE TOP