看護教育プログラム

適正や希望、キャリアに沿った継続的・段階的教育プログラムで一人ひとりのキャリア開発を支援。

ジェネラリストから専門職まで、キャリアデザインに沿って継続的・段階的な成長を後押します。

都府立医科大学病院では、入職時からキャリアに応じて継続的、段階的に成長し続けられる「キャリア開発プログラム」を構築し、一人ひとりのキャリア開発を支援しています。
入職後から3年間は、看護師として一人前に成長するための共通プログラムを用意。「一人前看護師」として認定します。
その後は、院内外のさまざまな教育プログラムを通して、ジェネラリストとして看護実践力や後輩を指導する教育力を高めます。
「ジェネラリストナース」として認定された後は、ジェネラリストとしてさらにレベルアップする、あるいは専門性を高めて認定看護師や専門看護師とな
る、または管理職を目指すなど、各自が描いたキャリアデザインに添ってキャリアを高めていくことができます。
ジェネラリストとしてレベルアップする「ジェネラリストⅡ」では、組織のリーダーを育成する立場となるとともに、後輩を育成する力を養います。
また認定看護師、専門看護師を目指すための院外の教育プログラムの受講も積極的に後押ししています。

教育理念

患者の人間性を尊重し、創造的に看護を発展させ質の高い看護を提供する看護職の育成

教育方針

  • 全看護師対象の継続した看護倫理教育
  • 一人前看護師としての看護実践能力の育成
  • 一人前看護師を育成するためのジェネラリストの教育力の向上
  • 個人主導型のキャリア形成支援

キャリアパス

看護実践能力開発、個人目標管理

「キャリア開発プログラム」、および「個人目標管理」を導入し、看護師一人ひとりが看護実践能力を開発するとともに、個人の目標を明確化することで看護全体の質の向上も図っています。
「個人目標管理」では、それぞれが「個人目標管理シート」を記入。それをもとに看護師長が面接を行い、各自のキャリアデザインに添ったステップアップを支援します。個々の目標を看護部全体の目標と連動させることで、看護の質の向上にもつなげています。
PAGE TOP