新着情報
新着情報

「患者図書室ほほえみ」のご案内について

京都府立医科大学附属病院では、11月21日から、来院される患者さん、入院患者さん及び家族の皆様などに医療に関する知識や 癒しを提供できるよう、新たに患者図書室「ほほえみ」をオープンいたしました。
大学附属図書館とタイアップして、患者さん等の安らぎや娯楽のための図書とともに、患者さん自身が病気と向き合うことを支援する医療関係図書や児童書も充実させ、約1500冊の図書を整備しています。
なお、患者図書室プロジェクトは、京都府立医科大学創立140周年記念関連事業です。
ぜひ、お気軽にご利用ください。

概要

  • 設置場所 病棟3階
  • 利用対象 入院患者さん、外来患者さん及びその御家族等
  • 運営はボランティアスタッフにより行います。(ご協力いただけるボランティアスタッフも募集しています)
  • ゆっくりと入院患者さん等が読書できるよう、また、手術待ちの御家族等が控え室で利用できるように患者図書室内だけの利用でなく、図書の貸出も行います。
  • ご利用いただく患者さんなどに覚えていただきやすく、また、愛着がもてるような患者図書室の名称を一般の皆様から募集して、「ほほえみ」といたしました。
 
【名称の募集】
平成24年9月20日~10月3日…応募数106件
【患者図書室「ほほえみ」の名称】
「つらい、きびしい、そんなひととき相互に和らげあえば」「患者さんを始め、より多くの人がこの図書室でくつろぎ、必要な知識を身につけ理解を深め、ほほ笑み、喜びにつながりますように。」と名付けられました。

利用案内

  • 図書室内での閲覧は、自由です。
  • 図書室内で閲覧された本は、ご自分で元の場所へお戻しください。
  • 図書室内での携帯電話のご使用は、ご遠慮ください。

注意事項

  • 患者図書室「ほほえみ」に設置している図書は、特定の治療法・薬・医師・病院を推奨しているものではありません。
  • 図書から得た医療情報はあくまで参考にとどめ、個別の症状等については医師の診断を受けてください。
  • ほほえみボランティアは医療の専門家ではありません。医療的な相談はお受けできません。

本の貸出

  • 貸出時に、お名前、電話番号等をお知らせください。
    ・貸出冊数 お一人3冊まで
    ・貸出期間 <入院患者さんとそのご家族の方> 2週間
          <外来患者さんとそのご家族の方> 当日
  • ボランティア不在時には、備え付けの貸出票により各自で貸出をお願いします。

本の返却

  • カウンターのボランティアにお返しください。
  • ボランティアのいないときは、返却箱にお入れください。
  • 貸出の手続きをされた本は、直接本棚へ戻さないでください。

その他

  • パソコンでインターネットをご覧いただけます。(ボランティアが在席時のみ)
  • 利用いただく皆様の安全面と盗難防止に活用するため、室内に監視カメラ及び非常時呼出しブザーを設置しています。

■ 患者図書室等病院ボランティアの募集

「患者図書室」の運営、病院での患者案内等に御協力いただけるボランティアを随時募集しています。
活動内容 ①患者図書室での図書貸出・返却・整理業務
②附属病院での患者案内業務等
応募方法 (1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)活動内容(①患者図書室での図書貸出・整理業務 又は ②患者案内業務)を記入の上メール、Fax又は郵送にて応募をお願いします。 メール:hohoemi@koto.kpu-m.ac.jp  FAX:075-251-5356
郵 送:〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
京都府立医科大学附属病院 病院管理課 宛
みんなで「愛される患者図書室」に育てていきましょう!!

pagetop