ご来院の方へ
ご来院の方へ

専門外来・各種教室一覧

専門外来

レーザー外来(形成外科)

診療日時 毎週水曜日午後2:30~
担当者 五影、河原崎
対象者 あざ、色素沈着症
特色等 あざの治療では、単なる機械的治療に終わることなく、照射後のスキンケアも含めた治療を行っている。 また、シミについても指導を行っている。

神経外来(小児科)

診療日時 月曜日、火曜日午前
担当者 森本(昌)准教授、越智客員講師、千代延助教、西村併任准教授
対象疾患 てんかん、脳性麻痺、ミオパチー等、神経筋疾患全般。不登校、心因性疾患等
特色等 難治性てんかんの診断・治療。脊髄性筋萎縮症等に対するTRH療法。京大臨床心理学教室と提携したカウンセリング。

代謝・内分泌外来(小児科)

診療日時 木曜日午前
担当者 小坂講師、中島助教、衣笠併任准教授
対象疾患 小児内分泌疾患、糖尿病、先天代謝異常症、小児肥満
特色等 成長障害、甲状腺疾患、副腎疾患、性腺機能障害、糖尿病、先天代謝異常症などの小児内分泌・代謝疾患全般に対して診断治療を行っている。

肥満外来(小児科)

診療日時 月曜日午後(予約制)
担当者 小坂講師、井上客員教授
対象疾患 小児肥満
特色等 小児肥満に対する臨床研究、基礎研究にもとづいて、栄養指導、運動指導を行っている。肥満外来は日本での草分け的存在である。

腫瘍外来(小児科)

診療日時 水曜日、木曜日午後
担当者 細井教授、家原講師、土屋学内講師、柳生助教
対象疾患 神経芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、腎芽腫、肝芽腫、奇形種、骨肉腫などの小児固形腫瘍
特色等 初診時に各種画像、病理、遺伝子診断を行い。化学療法、手術、放射線療法、末梢血幹細胞移植を組み合わせた集学的治療を行っている。治療終了後の患児の成長・発達を含めたトータルケアを行っている。

血液外来(小児科)

診療日時 水曜日午前・午後、木曜日午後
担当者 今村学内講師、東道客員講師、藤木病院助教
対象疾患 血液造血器疾患
特色等 悪性疾患(白血病・リンパ腫など)、貧血(再生不良性貧血、溶血性貧血など)、出血性疾患(血小板減少症、血友病など)、免疫異常(免疫不全、自己免疫疾患など)独自の治療方針による白血病、リンパ腫の治療。血球貪食症候群(HPS/HLH)、ランゲルハンス細胞性組織球症(LCH)の治療方針の発信基地。

アレルギー外来(小児科)

診療日時 火曜日午前
担当者 土屋学内講師、青山併任助教、上原医員
対象疾患 喘息、アトピー児
特色等 小児アレルギー児に対して、対症療法ではなく、成長・発達を考慮し、一貫した長期的な方針でフォローアップを行っている。

乳児外来(小児科)

診療日時 金曜日午前(予約制)
担当者 徳田学内講師、鍋島病院助教、吉田客員講師
対象疾患 NICU退院児のフォローアップ。ハイリスク児のフォローアップ
特色等 出生体重1500g未満の極低出生体重児などのハイリスク児のフォローアップは、学童期まで綿密な発達検査のもとに行われている。

免疫・膠原病外来(小児科)

診療日時 水曜日午後(予約制)
担当者 秋岡特任講師
対象疾患 小児の膠原病・関節炎
特色等 発熱、関節痛などを主訴とした自己免疫疾患について初期診断ならびにフォローアップを行っている。

腫瘍外来(皮膚科)

診療日時 水曜日
担当者 竹中准教授、浅井医員
対象疾患 皮膚腫瘍全般
特色等 皮膚腫瘍疾患の診断・治療を行う。特に皮膚悪性腫瘍の患者さんの外来での定期的診察を行っている。

アトピー外来(皮膚科)

診療日時 月曜日
担当者 加藤教授、峠岡医員
対象疾患 アトピー性皮膚炎およびアレルギー疾患。
特色等 個々の患者さんについてきめ細かい治療計画、生活指導を行っている。

毛髪外来

診療日時 金曜日
担当者 野見山学内講師
対象疾患 円形脱毛症、休止期脱毛症などの毛髪疾患
特色等 疾患に応じ脱毛症の患者さんを定期的に診察し、治療を行っている。

皮膚外科外来(皮膚科)

診療日時 月曜日
担当者 竹中秀也講師
対象疾患 皮膚腫瘍、熱傷などの皮膚潰瘍など外科的治療の適応となる疾患
特色等 外来手術を中心とするが、疾患によっては入院していただき手術を行っている。

アレルギー外来(皮膚科)

診療日時 火曜日
担当者 益田講師
対象疾患 接触皮膚炎などのアレルギー疾患。
特色等 パッチテスト、皮内テストなどのアレルギー検査を行い、その結果に基づいて具体的な生活指導などを行っている。

思春期・青年期(精神科・心療内科)

日 時 月曜日、火曜日、木曜日、金曜日 それぞれの午後(予約制)
担当者 山下、和田、水原、飯田
対象者 パーソナリティ障害、解離性障害、対人恐怖、思春期・青年期の不適応
特色等 各疾患に対し、心の葛藤、性格傾向、家族関係などを総合的に評価し、精神分析的精神療法、認知行動療法、家族療法などの精神療法を行っている。

老年期(精神科・心療内科)

日 時 月曜日、水曜日 それぞれの午前・午後(予約制)
担当者 成本、中村、松岡、藤本
対象者 各種認知症疾患(アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など)、老年期の気分障害や幻覚妄想など
特色等 当院附属認知症疾患医療センターと共同して、もの忘れをはじめとするさまざまな認知機能障害や老年期のうつ病、幻覚妄想状態などを診断、治療している。神経心理学的検査や、MRI、SPECTなどの脳画像検査の結果を踏まえて診断し、抗認知症薬の投与や、精神症状に対する薬物療法、精神療法、介護者のサポートなどを行っている。

リエゾン外来(精神科・心療内科)

日 時 月曜日、水曜日、金曜日 それぞれの午前
担当者 羽多野、小野、今井、内藤、山下
対象者 様々な身体疾患、病気で入院されている患者さんやご家族さんが入院治療で受けるストレスなどから生じる不眠や抑うつ、不安、せん妄などの精神的問題
特色等 悪性腫瘍の治療や臓器移植、呼吸器疾患や循環器疾患、その他様々な身体疾患に伴うストレスに対し、サポートすることを目標としています。臓器移植では入院期間が長期化する場合もあり、移植前から患者さんと面談させていただき、治療中の不安などに対し早期に和らげることを心掛けています。

認知療法外来・OCD(強迫性障害)外来(精神科・心療内科)

日 時 認知療法外来:月曜(午前・隔週)、火曜(午後)、木曜(午後)、金曜(午後)(予約制)
OCD(強迫性障害)外来:水曜(午後)、木曜(午後)、金曜(午後)(予約制)
担当者 認知療法外来:土田、富永、正木、小川
OCD(強迫性障害)外来:多賀、中前、酒井、阿部、渡辺
対象者 うつ病・強迫性障害とその関連する障害(強迫性障害・抜毛症など)・不安障害(パニック障害・恐怖症・社交不安障害・PTSDなど)
特色等 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を中心とした薬物療法に加え、患者さんごとに認知療法と行動療法を組み合わせた認知行動療法のメニューを作成し治療を行っています。

サイコオンコロジー外来(精神科・心療内科)

日 時 月曜日(午後)(予約制)
担当者 羽多野
対象者 がんに罹患することで不安や抑うつなどの精神症状がみられる患者さん
特色等 個々の患者さんに応じ、抗不安薬や抗うつ薬を中心とした薬物療法や認知療法などを組み合わせて再び自分らしく過ごしていただけるようサポートする。

末梢血管(放射線科)

日 時 火曜日 午前
担当者 山上講師
対象者 閉塞性動脈硬化症、下肢深部静脈血栓症
特色等 動脈硬化による下肢動脈の閉塞・狭窄や血栓などによる下肢静脈の狭窄に対し、局所麻酔でカテーテルを患部まで挿入し、バルーンやステントを用いて、狭窄部を拡張させる治療を行います。治療後、数ミリほどの傷しか残らず、治療に有する日数も大変短期間です。

RI治療(放射線科)

日 時 木曜日 午前
担当者 奥山講師
対象者 甲状腺癌、甲状腺機能亢進症
特色等 RIを利用した治療は、放射性医薬品の特異的集積を利用した非侵襲的で副作用の少ない治療方法です。現在、甲状腺機能亢進症と甲状腺癌転移が対象となっています。特に甲状腺癌の遠隔転移巣に対しては、ヨード内用治療が有効ですが、特別な治療室が必要です。当科は密封治療室2床、非密封治療室2床を有しており、RIによる治療を行うことが出来る数少ない施設です。

小児循環器(小児循環器・腎臓科)

日 時 月曜日、木曜日 
担当者 濵岡(月)、問山(月)、糸井(木)、小澤(木)
対象者 先天性心疾患、後天性心疾患、不整脈、自律神経機能異常
特色等 小児心臓血管外科との共同診療体制により、先天性心疾患においては、全国的にもトップクラスの治療成績を挙げています。外来では心電図、心エコーの即日検査を行い、初診の患者さんでもその日の内に診断、治療方針を決定しています。運動負荷テスト、24時間心電図も独自に行って、不整脈の診断治療を行っています。立ちくらみや胸痛に代表されるような自律神経機能異常の診断も行っています。

川崎病(小児循環器・腎臓科)

日 時 火曜日
担当者 濵岡、八幡
対象者 川崎病
特色等 小児の後天性心疾患として最も多い疾患である川崎病を、急性期から遠隔期に至るまで幅広く診療しています。また、川崎病血管炎の長期的な推移やその機能診断について積極的に研究しています。特に動脈硬化への進展について先進的な研究を進めています。当科では必要な治療や検査を計画的に提供できるとともに、最新の情報もお伝えするための場所としてもご利用いただいています。

小児腎臓病(小児循環器・腎臓科)

日 時 火曜日、水曜日
担当者 西田
対象者 腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、先天性尿路奇形
特色等 腎炎、ネフローゼ症候群等の小児腎疾患に対し、腎生検を含めた診断治療を行っています。慢性腎不全患児に対しては、持続携行式腹膜透析による管理や、移植外科との連携により、腎移植、血液透析等を行っています。先天性腎尿路奇形を有する患児や尿路感染症の患児に対しても、小児泌尿器科との連携により、外科的、内科的管理を行っています。

各種教室

糖尿病教室(内分泌・糖尿病・代謝内科)

日 時 毎週水曜日、午後1時30分~3時
(第3水曜日のみ、午後0時30分~3時)
担当者 医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師
対象者 当院外来通院患者、入院患者
特色等 食事療法・病態・治療・合併症・自己管理について医師・栄養士が講義。毎回、栄養士による集団食事指導を行う。医師による講義は、毎回異なった内容で、一ヶ月で一通りの内容が話される。
毎月第3水曜日は、糖尿病食(530キロカロリー)の会食の後に、医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師による講義を行う。
費用:集団栄養指導料(健康保険適用)の負担が必要。
また第3水曜日の教室では、650円の食事実費も必要。

未来の会(移植・一般外科)

日 時 適宜開催
担当者 移植後患者および移植・一般外科の担当医
対象者 腎移植後患者、腎不全患者、肝移植後患者、膵移植後患者
特色等 当科で移植を受けた患者を中心とした勉強会で、随時、テーマを決め討論会を行っている。

pagetop