診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

呼吸器外科

外来担当医師出番表はこちら呼吸器外科ホームページはこちら

呼吸器外科の紹介

当科では、肺がんや転移性肺腫瘍、縦隔疾患、気胸嚢胞性疾患を中心とした胸部外科診療を行っています。安全で確実な医療を提供しながら、病気のみならず個々の患者さんの生き方や考え方も含めた全人的な医療を行うことを目標にしております。われわれは、個々の患者さんの病状やライフスタイルに適した個別化医療を提供すると同時に、大学病院である強みを活かし先端医療技術を京都府民に還元します。また、治療法に悩まれたときはセカンド・オピニオンにも積極的に対応いたしますので、遠慮なく申し出てください。

診療内容

■肺がん
肺がんは、社会の高齢化に伴い患者数が増加し、現在ではがん死亡原因の第一位となっています。早期がんに対しては高精細モニター胸腔鏡システムを用いた鏡視下手術で身体にやさしく根治をめざし、局所進行がんには呼吸器内科・放射線科と連携し手術・化学療法・放射線治療を組み合わせた集学的治療を行います。また、必要に応じて心臓血管外科チームや麻酔科の協力による拡大根治手術も行います。
■転移性肺腫瘍
転移性肺腫瘍の手術にも積極的に取り組んでいます。これまでは肺転移切除に至らなかった患者さんでも、最近では様々な抗がん剤や分子標的薬などがん薬物療法の発達により、肺転移に対する外科的切除の適応になることがあります。低侵襲な胸腔鏡手術は、他臓器がん手術後や担がん患者さんに対して大きな貢献をしています。
■縦隔腫瘍
良性縦隔腫瘍は低侵襲な胸腔鏡手術のよい適応であり、悪性縦隔腫瘍に対しては腫瘍の特性を考慮し治療方針を決定します。
胸腺腫は低悪性度の胸腺上皮性縦隔腫瘍で、完全切除により治癒が期待的でき、また肺がんと異なり播種を伴った4期症例でも切除により長期生存が期待できる腫瘍です。そして、術後播種再発は再切除適応になることが少なくありません。時に、胸腺腫は重症筋無力症や赤芽球癆、低ガンマグロブリン血症などの自己免疫疾患を合併します。神経内科や免疫内科と連携しながらできるだけ安全な周術期管理を行います。
悪性胚細胞性縦隔腫瘍は若年男性に多く、泌尿器科と連携し化学療法と手術を組み合わせた集学的治療により治癒を目指します。
■気胸
気胸は若年男性と気腫肺の高齢者に多い疾患です。肺嚢胞が気胸の原因であることが多く、肺の虚脱の程度により、1.安静経過観察、2.胸腔ドレナージチューブの留置、3.嚢胞切除術などを選択します。
若年発症の自然気胸は、今後の社会生活を考慮し、患者さんと相談の上、胸腔鏡手術の適応を検討いたします。一方、肺気腫を伴った高齢者の気胸で手術の危険性が高いと判断されるときには、胸膜癒着療法を行うこともあります。

特色・主な取組

■低侵襲な鏡視下手術
気胸などの良性肺疾患や早期がんに対しては、高精細モニター胸腔鏡システムを用いた鏡視下手術を行っています。65インチの高精細モニターを併用して手術チームで視野を共有し、安全な手術を心がけています。
■リピオドールマーキング併用した胸腔鏡下肺切除
リピオドールマーキングは、手術前に肺病変の近くにリピオドールという造影剤を注射することで、手術中にX線透視使ってマーキングした部位がはっきり「見える」ようになります。1cm以下の小さな肺腫瘍や淡いすりガラス状の病変は、観察したり指で触ってみてもどこにあるのかわかりにくいため、この方法で位置をわかりやすくして、小さな病変も確実に切除できるようにしています。
■合同カンファレンス、病診・病病連携
専門施設として、呼吸器内科・放射線科との三科合同カンファレンスを実施して患者さんにとって最適な診断・治療方針を決定しています。紹介患者さんについては、定期的なフォローアップ以外は、紹介医のもとで日常管理を委ね病診・病病連携を積極的にすすめています。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
教授(部長) 井上 匡美 肺癌・縦隔腫瘍、日本呼吸器外科学会指導医、日本外科学会指導医
准教授
(北部医療センター病院教授)
島田 順一 肺癌・転移性肺腫瘍、日本呼吸器外科学会指導医、日本外科学会指導医
講師(科長) 加藤  大志朗 肺癌・転移性肺腫瘍、日本呼吸器外科学会指導医、日本外科学会指導医
助教(医員) 常塚 啓彰 肺癌・気胸、呼吸器外科専門医、外科学会専門医

pagetop