診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

疼痛緩和医療部

部門の紹介

京都府立医科大学附属病院 疼痛緩和医療部はがん患者さんとその御家族に対して以下の理念のもと活動を行っております。
 
今や、日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人が「がん」になる時代です。
「がん」克服のため最新の機器、技術、知識を駆使して、手術、化学療法、放射線療法が本院で施行されています。しかし、手術、化学療法、放射線などのがん治療の過程において、副作用である吐き気・嘔吐、息苦しさ、倦怠感などが出現し、時には「がん」そのものによる強い痛み(がん性痛)が身体的苦痛として患者さんを苦しめることがあります。また同時に不眠や不安、うつなどの様々な精神的苦痛が患者さんと家族に生じ、QOL(Quolity of Life:人生の質)の障害となることもまれではありません。
かつて終末期医療という言葉がありましたが、これは我々の目指す緩和医療と同義ではありません。「がん」の経過中に生じるすべての不快な症状、愁訴を緩和・軽減し、患者さんとそのご家族がより豊かな人生を送ることができるよう支援することが「疼痛緩和医療部」の目指す“緩和医療”です。厚生労働省は、がん対策基本法に基づくがん対策基本計画の第2期計画で、特に「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」を重点的に取り組むべき課題として挙げ、全国のがん診療拠点病院を中心に病気の時期に関わらず、質の高い緩和医療を提供できる体制作りを進めています。がんの診断、治療、緩和医療は常に“三位一体”で平行して行われるものなのです。
 
1998年から緩和ケアの啓蒙と実践を行ってきた京都府立医科大学緩和医療検討会の活動をベースに、「疼痛緩和医療部」が本学中央部門の一つとして設置されました。
痛みを緩和するペインクリニック医師、不眠、不安、うつなどの精神的症状を和らげる精神科医師、放射線治療による疼痛症状緩和を行う放射線科医師、緩和ケアの専門的知識を持つ各種認定看護師、薬剤の専門的知識を駆使して服薬指導や相談にあたる薬剤師など医師16名、薬剤師3名、看護師9名の部員で構成されています。
当院の緩和ケアチームは、平成17年4月よりチームとしての正式な活動を開始しています。平成21年11月より緩和ケア外来を開設し自宅療養を送っている外来患者さんにも対応しています。平成26年1月に開設された緩和ケア病棟や、平成27年4月に開設された緩和ケアセンターとも協同し、疼痛・緩和医療学講座をバックボーンに切れ目のない早期からの緩和ケアの推進に努めています。

主な業務内容

京都府立医科大学附属病院 疼痛緩和医療部・緩和ケアチーム 活動目標

がん患者さんとその御家族に質の高い緩和ケアを提供しQOL 向上を目指す。
 
■具体的な活動内容
  1. がん患者さんの“がん”治療に伴う副作用の軽減と症状コントロール
  2. 患者さんと家族の精神的サポート
  3. 付き添い、介護に大変な患者さん家族のサポート
  4. がん告知前後の相談とサポート
  5. 療養先の選定 (緩和ケア病棟、転院、在宅緩和ケア、緩和病棟を持つ施設、ホスピスへのコーディネート)
  6. がんの痛みの治療
  7. 痛みの原因診断
  8. 緩和ケア病棟の運営、管理
  9. 緩和ケア研修会など医師、医学生、看護師、メディカルスタッフへの緩和ケア教育 など。
     
■患者さまへ
当院では入院患者様を対象に、「疼痛緩和医療部」という部門で、「緩和ケアチーム」による緩和ケアを行っています。  
「緩和ケア」とは、がんなどによる痛みや吐き気、息苦しさなどの身体的な症状、不安や気分の落ち込み・不眠などの精神的な症状を和らげることに焦点を当てた治療を行い、患者様やご家族がその人らしい日常生活が送れるように支援する医療です。これらの治療は、それ自体が医学の専門分野となっています。  
「緩和ケアチーム」とは、医師・看護師・薬剤師といったそれぞれの専門家が一緒になって患者さんの緩和ケアに関わる病院内のチームのことです。
緩和ケアを行うために、以下のメンバーで構成されています。
  1.  身体症状や精神症状を担当する医師
  2.  緩和ケアを専門とする看護師
  3.  お薬に関する情報提供や調整、有効性・安全性の確認を担当する薬剤師
  4.  その他、症状にあわせて他職種の専門家 (例えば、お食事の工夫や相談をする栄養士・動きやすい方法を工夫するなどのリハビリ技師、今後の療養の環境や経済的な問題について相談を受けるソーシャルワーカーなど。)
     
基本的に主治医や病棟スタッフが行う治療やケアを補助する形で行われます。
具体的には、
  1. 緩和ケア担当医師、もしくは、看護師の訪問を定期的に行わせていただき、必要に応じて薬剤師などが関わらせて頂きます。
  2. 患者様やそのご家族のケアや治療について病棟の医療チームと共に話し合っていきます。
  3. 原則として、治療は主治医の方針に沿う形で行っていきます。
  4. 具体的な緩和ケアの内容としては、  
    ・身体的な症状の緩和  
    ・精神的な症状の緩和  
    ・薬剤の種類や使用上の注意点などの説明・有効性・安全性の確認
    ・療養先の決定や在宅支援に関する相談
    ・栄養指導・リハビリなど
    ・上記に関連した看護  
 
ご希望がなくなれば、途中で終了することもできます。よりよい方法を一緒に考えていきたいと思っております。疑問に思ったことはどうぞ、遠慮なさらずにお伝え下さい。

関連リンク

府立医大がん征圧センター 緩和ケアへ 
京都府がん情報ネットへ  
緩和ケア病棟のご案内はこちら  
緩和ケア病棟に入院を希望される患者さまへ

スタッフ紹介

氏名
職名 所属 専門分野・認定等
細川 豊史 医師(部長) 疼痛・緩和ケア科 教授 緩和ケア暫定指導医  ペインクリニック専門医
麻酔科指導医 東洋医学専門医
竹内 義人 医師 放射線科 准教授 放射線診断専門医 IVR専門医日
低温医学会認定凍結手術(治療)認定医
上野 博司 医師(副部長) 疼痛・緩和ケア科 講師 緩和ケア暫定指導医 ペインクリニック専門医
麻酔科指導医
吉田 直久 医師 消化器内科 がんプロフェッショナル
養成プラン 特任講師
がん薬物療法専門医 癌治療認定医機構暫定認定医
消化器病学会専門医 消化器内視鏡学会専門医
深澤 圭太 医師 疼痛・緩和ケア科 学内講師 緩和ケア暫定指導医 ペインクリニック専門医
麻酔科指導医
黒星 晴夫 医師 産婦人科 助教 日本産婦人科学会専門医 
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
大西 佳子 医師
疼痛・緩和ケア科
在宅チーム医療推進学講座 特任助教
緩和医療専門医 ペインクリニック専門医
麻酔科指導医
権 哲 医師
疼痛・緩和ケア科
包括的地域連携緩和医療学講座
特任助教
ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
原田 秋穂 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
深澤 まどか 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
谷口 綾乃 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
山代 亜紀子 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
波多野 貴彦 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 ペインクリニック専門医 麻酔科専門医
岡田 恵 医師 疼痛・緩和ケア科 病院助教 麻酔科専門医
川合 健志郎 医師 疼痛・緩和ケア科 後期専攻医  
小野 淳子 医師 精神科・診療内科 助教  
曽我 典子 看護師 看護部 副看護部長  
藤本 早和子 看護師 看護部 看護師長 がん性疼痛看護認定看護師
関川 加奈子 看護師 看護部 緩和ケアセンター がん性疼痛看護認定看護師
吉岡 とも子 看護師 看護部 緩和ケアセンター がん看護専門看護師 
越智 幾世 看護師 看護部 化学療法外来 化学療法看護認定看護師
芦田 理恵 看護師 看護部 A7号病棟 放射線療法看護認定看護師
菅谷 和子 看護師 看護部 D8号病棟 化学療法看護認定看護師 
伊藤 真理子 看護師 看護部  
服部 美景 看護師 看護部 A6号病棟 がん看護専門看護師
神林 祐子 薬剤師 薬剤部 認定指導薬剤師 がん指導・専門薬剤師 
緩和薬物療法認定薬剤師
貴志 孝子 薬剤師 薬剤部 近畿ブロック がん化学療法認定薬剤師 
森尾 佳代子 薬剤師 薬剤部 緩和薬物療法認定薬剤師
茅野 綾子 臨床心理士 緩和ケアセンター  

pagetop