診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

薬剤部

部門ホームページはこちら

部門の紹介

近年、医薬品の開発や治療法の進歩にはまざましいものがあります。そんな中、薬剤部は、「One for all , All for one」の精神の下、患者様を第一に考え、安心で安全や薬物療法が行われるよう、他の医療スタッフとともに当院の医療を支えています。

主な業務内容

主な業務としては、1)調剤業務、2)注射薬調製業務、3)病棟薬剤師業務、4)その他があります。
  1. 調剤業務とは、単に処方せんに記載された通りにお薬を調合する行為ではありません。お薬の種類、投与量、投与法、相互作用等について、患者様の年齢、体型、副作用・アレルギー歴、臓器障害の有無等から、その妥当性を薬学的観点から判断し、必要性に応じて医師・歯科医師に確認をしています。患者様へのお薬の交付時には重要事項の説明をしています。
  2. 注射薬調製業務とは、抗がん剤や一般注射薬を安全かつ無菌的に混合する業務を言います。調剤同様、混合前に患者様の背景や臨床検査値を把握するとともに、治療スケジュールや配合変化等のチェックを行っています。
  3. 病棟薬剤師業務とは、各病棟に薬剤師を配置し、処方段階から医薬品適正使用や副作用回避に関与したり、患者様に対して治療前後にお薬の説明をしたり、効果や副作用のモニタリングなどを行う業務です。
  4. その他にも、各種医薬品情報や安全性情報を管理・発信する業務、血液中の薬物濃度を測定し投与量の調節を助言する業務、麻薬や向精神薬等の払出や管理に係わる業務、医師・看護師等他の医療スタッフとともに活動する業務等があります。

特色・主な取組

薬剤部は、医薬品適正使用や医療安全確保を推進すべく、いち早く医薬品情報活動、治療薬物モニタリング、病棟業務等を導入してきました。最近では、保険薬局との連携や教育研修活動にも積極的に取り組んでいます。また、最新の自動注射薬払出し装置および調剤支援システムを導入するなど、システム面の強化にも努めております。

スタッフ紹介

職 名 氏 名
薬剤部長 四方 敬介
副薬剤部長(製剤・注射薬係長兼任) 小山 光
副薬剤部長 横田 麻里子
病棟薬剤係長 貴志 孝子
薬務・麻薬係長 草木 等之
調剤係長 白神 久敬
検査・試験係長 小阪 直史
医薬品情報係長 浦松 敬宏
常勤(薬剤師) 54名
非常勤(薬剤師) 3名
臨時職員 6名
支援スタッフ 15名

pagetop