診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

医療安全管理部

医療安全管理部の紹介

医療安全管理部は、平成15年4月に医療の安全性の確保を目的に設置されました。医療の質において「安全」は最も大きなファクターの一つですが、近年の医療は高度化・複雑化しており、事故に結び付く要因も増加しています。患者さんに対して質の高い、安心、安全な医療を提供していくために、医療安全管理部では、病院内の状況を把握しながら、間違いを誘発しない環境や事故を未然に防ぐことのできる病院全体のシステム作りに取り組んでいます。

主な業務内容

医療安全管理部のメンバーは、部長、副部長、専従の安全管理推進者及び事務職員で構成されています。また、各部門には、リスクマネージャーを配置し、医療安全に関する事項の周知徹底と部門の安全管対策の検討、実施などを行っています。
医療安全管理部の主な活動として、病院長を委員長とする医療に関する安全管理対策会議やリスクマネージャー会議などを定期的に開催し、安全対策の検討、報告事例の分析および再発防止策の立案などを行っています。医療安全においては、過去の事例から学ぶものは多く、起こった出来事や未然に防げた事例などの収集、分析を通じて傾向と対策を練り、職員に周知することで、再発防止に役立てています。
また、職員の医療安全への意識向上のために、年に数回全職員向けの医療安全に関する研修会や新規採用者研修会などを開催しています。病院内で起こった出来事や新聞報道などの情報についても紹介し、防止対策の周知や注意喚起を行っています。
これらに加え、医療安全管理部の下部組織である人工呼吸管理サポートチームによる活動、医療安全管理部のメンバーによる定期的な院内巡回、医療事故防止のためのマニュアルの作成などを通じて、病院内の医療安全の推進のため頑張っています。

pagetop