診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

感染対策部

感染対策部の紹介

感染対策部では、医療関連感染を予防・コントロールすることで、患者様が安全に安心して療養できる環境を整えるとともに、院内で働く医療従事者、職員の安全を守り、医療の質の向上に努める、いわば病院の中での縁の下の力持ちとして活動しています。

主な業務内容

感染対策部は、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務職員の多職種によって構成されるチームです。さまざまな職種の専門家が、看護師を中心として現場のスタッフと連携し、任務にあたっています。
業務は、無用な感染から患者様と職員を守るために、予防と治療の2本柱で活動しています。
  • 感染予防(拡げない、発症させない、持ちこまない)
    拡げない…手洗いや環境整備の徹底など。
    発症させない…血管内留置カテーテルなど医療器具の適切な管理など。
    持ちこまない…職員の健康管理、咳や発熱、下痢症状のある方の面会制限など。
  • 感染症治療
    各診療科よりコンサルテーションを受け、協力して診療しています。
    適切な診断(感染部位の適切な検索、病原体検索のための培養検査と速やかな結果報告)、適切な治療(検出された病原体に応じた標的治療、最大効果と副作用防止のための監視、抗菌薬適正使用推進など)に努めています。
     
さらに、院内の感染対策の実施状況を把握し、耐性菌発生状況を監視することで、医療関連感染対策を確実なものとしています。

pagetop