診療部・中央部門等のご紹介
診療部・中央部門等のご紹介

医療機器管理部

部門の紹介

  当部門は医療技術部臨床工学技術課およびMEセンターと協働して日常の治療や検査、診断などに用いる医療用電子機器の適正運用と高品質医療機器の提供、機器購入などを管理しています。
  医療機器は思いの他、医薬品医療機器等取扱法で厳格な管理の下にあり、街中の市販健康機器とは大きく異なります。臨床に用いる医療機器は確実な電気・機械への対患者安全性が保証されていなければなりません。MEセンターでは、当院が保有する医療用電子機器4700台ごとに専用の解析装置と医療機器修理責任技術者(医療機器センター)を配置し、さらに医療機器メーカーごとの点検ライセンスを受け人工呼吸器や各種生命維持管理装置、患者モニター、輸注機器など万全の態勢を取っています。
  また、医療用電子機器は使用者側(医療者)へ安全で正しい取扱い教育が必要です。当部門では入職後の新人研修医、新人看護師への初期研修の他、看護師の経験年数ごとのハンズオン研修、病棟別医療機器研修会、新規導入した際の医療機器への技術研修会や情報発信を行い、高度医療へ良質で安全な治療を提供できるように心がけています。

スタッフ紹介

  氏 名 所 属
部 長(兼) 浮村 理 泌尿器科教授
副部長(兼) 木村 彰夫  集中治療部助教
副部長(兼) 八木 克史  医療技術部臨床工学技士長、医療機器安全管理責任者
副部長(兼) 中嶌 真知子 看護部副看護部長
 
医療電子機器、生命維持装置のご相談は
京都府立医科大学附属病院 ME技士長 八木まで

pagetop