診療科・中央部門 のご紹介
診療科・中央部門 のご紹介

医療機器管理部/MEセンター

部門の紹介

当部門は、現代の医療に不可欠な医療電子機器(ME機器)や高度医療機器(生命維持管理装置)を医学と工学の両面から診療体制を支える技術部門で、「臨床工学業務」と「医療機器管理業務」の二つの幹によって構成しています。
近年の生命維持管理装置は高度に複雑化しており、人工呼吸器や人工心肺装置、血液浄化装置、循環器関連などの治療機器の操作や点検は、専門教育とトレーニングを積んだ臨床工学技士の協力が不可欠です。当部門では「患者様に良質で安全な治療支援」を基本理念に「トップレベル医療を支えるプロフェッショナル軍団」を目指し、ドラマチックな治療現場で命を代行する機器に真剣に向かい合い、患者様の笑顔を求めて多診療科の医師、看護師たちと連携して診療を支援しています。最先端ME機器や診療材料は日進月歩に進化しており、安全確実なスキルと高度医学知識を研鑚する必要があります。各技士は学会や各種研修会参加、また専門分野ごとの技術認定士資格の取得や、院内ハンズオントレーニングを通じて研鑽し重症患者様の治療に部門をあげて24時間取り組んでいます。さらに院内の多くの医療従事者にはME機器を用いた治療を安全に正しく実施できるよう教育指導していくことも重要であり、医師・看護師をはじめ幅広い対象者に豊富な内容で学習会や研修会を実施し、個人技量試験などへの協力も行っています。
診療を支えるME機器は日常的に院内全域で使用されます。患者への安全と性能を担保するため、日々の点検や定期点検は必須であり厳格に管理し、必要に応じたオーダーに対処する必要があります。院内に「MEセンター」を設け、ここでは約4700台のME機器の点検や中央貸出、管理を実践しています。

主な業務内容

■臨床工学業務
臨床工学業務 年間症例数  
人工心肺(先天性)
    (後天性)
150~200
200~250

手術中透析 10~15含
補助循環 IABP
     V-A ECMO
     V-V ECMO
30~50
20~30
10~20

救急ECPR 3~10含
術中自己血回収洗浄 350~500  
ハイブリッド手術 60~80  
Da vinci手術 80~120  
人工呼吸器装着・設定
     NIPPV
     NHFT
病棟ラウンド患者数/日
200~330
20~40
200~350
10~20
 
ペースメーカー、ICD、CRT植込
外来点検/日
PSA緊急操作
アブレーション関連
心臓カテーテル PCI,CAG
100~160
15~20
50~80
100~150
500~700


手術、CT、MRI前後

IVUS,OCT操作数
血液透析 (HD,HDF) 1200 9Bed(3Bed On Line HDF)
単純血漿交換療法
二重濾過血漿交換
血液吸着(LDL,PMX)
白血球除去(LCAP,GCAP)
CHD、CHDF
腹水濾過濃縮再静注
80~150
30~50
20~40
120~150
150~350
30~40




ICU、PICU実施数含
■医療機器管理/MEセンター
院内で管理する4700台の医療電子機器は技術レベルの磨かれた専門スタッフにより完璧に点検・整備され必要な患者さまの元に提供しています。8名のスタッフ(Medical Equipment Technician:MET)は年に2回のオーバーホール点検、病棟配置機器は使用前後の日常点検、薬事法に抵触しない修理など専門としており、医療機器修理業1~5、第一種ME技術認定などを所持し、さらに各医療機器メーカー発行の研修トレーニングを受け、内容的には病院の中にメーカーとほぼ同等の点検装置と技術力を配備させ、高額高性能な医療機器の運営を行っています。
■Wi-Fiロケーションシステム
院内では多くのME機器が色々な場所で共用しています。特に引き合いの多い貸出や緊急性の高い機器に電子カルテに連動したWi-Fiロケーションシステムを実用化しています。これは欧米ではストーカー犯罪などでGPSを使用した再犯監視に開発されたもので、国内では数病院が開発も含めて研究しているものです。院内では人工呼吸器や超音波診断装置の所在や作動を速やかに確認でき、効率運用が図れています。またAEDなどの盗難防止などにも利用しています。
■体外循環症例登録事業について
京都府立医科大学附属病院では、一般社団法人日本体外循環技術医学会の体外循環症例登録事業に参加しています。この事業は全国中の病院で人工心肺を用いた治療をお受けになった成人患者様を限定とし、人工心肺の器材や体外循環の状況などのデータを学会が集約し、明日に向けてより安全かつ確かな医療へと反映させるものです。患者様個人が特定されるデータは用いません。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。詳しくは下記の案内をご覧ください。
実施責任者 臨床工学技師長 八木克史
JaSECT

実習・見学のご案内

■病院実習について
京都府立医科大学附属病院で臨床工学実習を希望される方は、各校の指導教官を通じて技士長・八木と日程調整後、病院管理課総務調整担当(075-251-5233)までお申し込みください。
■病院見学について
病院見学(臨床工学業務、MEセンター)希望の方は八木まで直接お申込みのうえ、日程や内容などについてご相談ください。ただし4月1日から11月30日の期間とします。ご了承ください。
○連絡先:臨床工学技士長 八木克史 070-6507-8829

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野、学会認定等
部 長 田尻 達郎 兼:小児外科診療部長、教授
副部長 木村 彰夫  兼:集中治療部医員
副部長 中嶌 真知子 兼:副看護部長
副部長 八木  克史  臨床工学技士長
部 員 臨床工学技士 15名 CE
MEセンター 専門技術会社より8名委託出向 B MET 
 
■所持ライセンス
臨床工学技士、看護師、臨床検査技師
体外循環技術認定士、透析技術認定士、アフェレシス学会認定技士、呼吸療法認定士、不整脈治療専門臨床工学技士、臨床ME専門認定士、手話技能検定、第1級総合無線通信士

pagetop