TOP > 病院の概要

病院の概要

附属脳・血管系老化研究センター

目的

脳や血管の老化の本態を、基礎・臨床及び社会医学の観点から総合的に研究し、高齢化に伴う疾病の予防、診断及び治療技術の向上を図ることによって、穏やか・快適・豊かな長寿社会の実現に資することを目的としています。

研究スタッフ

所長:吉川 敏一(京都府立医科大学学長)
教員:20名

歴史

平成 2年11月 基礎、臨床系研究部門の開設

平成 3年 4月 診療部門(老年内科(神経内科))の開設

平成 9年 4月 社会医学・人文科学部門の設置

平成10年 1月 病態病理学部門教授の専任化平成11年 3月 基礎医学学舎内にセンタ-施設を整備

平成22年 4月 基礎医学系の細胞生物学部門と神経化学・分子遺伝学部門を統合して基礎老化学部門と改称

組織及び研究内容

研究部門等 研究内容等
基礎医学系 基礎老化学部門
脳神経系の老化に関する基礎医学的研究
 (課題)加齢に伴って増加する神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病等)の発症メカニズムに関する研究
病態病理学部門 脳・血管系の発生と老化に関する基礎生物学的並びに病理学的研究
 (課題)乳児から老人に至る脳神経の遺伝子から蛋白質、細胞・組織レベルに及ぶ多面的アプロ-チ  
臨床医学系 神経内科学部門 高齢者に多い神経疾患(脳血管障害、認知症等)の臨床・基礎研究
 (課題)認知症(アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症)、脳血管障害、神経変性疾患に関する早期診断、病態解明、治療及び予防
社会医学系 社会医学・人文科学部門 老化と関連した脳・血管系疾患や長寿・老化に関する疫学的及び社会医学的研究
 (課題)地域社会に根ざした脳卒中や認知症の疫学研究と高齢者の生活の質の向上

診療活動(附属病院での診療)

センターでの研究成果を、附属病院の1診療科として府民に還元している。
診療科名:神経内科(老年内科)
診療範囲:脳血管障害、神経変性疾患、神経免疫疾患、神経筋疾患。特に高齢者に多い脳卒中、認知症、パーキンソン病などの診断と治療

平成22年入院患者数343名、外来新患者数1879名、再診患者数11974名

主な研究成果

センター内の各部門が協力して、アルツハイマー病、パーキンソン病、血管性認知症の病態解明の研究を進め、英文論文として発表している。

認知症、老化、高次脳機能障害等に関するコホート研究をすすめ、府民の健康増進に寄与している。

脳卒中連携パス等による医療連携をすすめ、府民に高度な診療を提供している。

厚生労働省難治性疾患研究の研究代表者として、アレキサンダー病、シャルコー・マリー・トウース病の研究を行い、診療マニュアルを作成している。 

Previous Page Top
京都府立医科大学附属病院: 〒602-8566京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465 TEL:(代)075-251-5111 FAX:(代)075-211-7093